外貨預金、外国投資信託、外国為替証拠金取引(FX)のことなら

為替相場と金利の関係は?

今回は、為替相場と金利の関係について書いてみたいと思います。

 

為替相場が円高になると金利が下がる、逆に為替相場が円安になると金利が上がる...というようなことは何となく漠然と聞いたことがあるかもしれません。

 

では、なぜ為替相場と金利はこのような関係にあるのでしょうか?

 

【スポンサーリンク】

なぜ為替相場と金利はこのような関係にあるの?

外国為替相場というのは、通貨の交換価値を表すものなんですね。

 

故に、為替は物価や金利と密接に関係しているといえます。具体的にわかりやすくご説明しますと...

 

まず、為替相場が円高になると、海外からの石油、食料品、原材料などの輸入品が安く買えることになりますので、物価が下がります。

 

円高というのは、円の価値が高くなるという意味ですので、円の力が強い=外国製品がたくさん買える、ということになります。

 

そして、物価の下落は金利の低下につながりますので、為替相場の円高は金利の低下につながるのです※。

 

反対に、為替相場が円安になると、海外からの石油、食料品、原材料などの輸入品の値段が高くなりますので、日本国内の物価は上昇します。

 

円安というのは、円の価値が下がるということですので、円の力が弱い=海外製品が少ししか買えなくなる、ということになります。

 

この結果、物価の上昇は金利の上昇につながりますので、為替相場の円安は金利の上昇を招くことになるのです。

 

さらに、日本と外国との金利差は、日本の金利に影響を与えます。

 

これは金利差があると、日本と外国とでお金が移動したり為替が変動するからです。

 

わかりやすくするために具体的にみてみましょう。ここでは円通貨と米ドルで考えます。

 

※物価の下落がなぜ金利の低下につながるのかについては、後日詳しくご説明いたします。

 

【スポンサーリンク】

日本と米国の金利差が拡大した場合はどうなるの?

米国の金利が上がったり、日本の金利が下がったりして、日本と米国の金利差が拡大した場合は、当然、日本の金融商品に投資するよりも米国の金融商品に投資した方が有利ですよね。

 

なので、このようなケースの場合には、円をドルに換えて米国の金融商品を買おうと円売り・ドル買いが進みます。

 

このように、日本から米国にどんどんお金が出て行きますので、ドル高円安が進んでいくのです。

 

ちょうど、昨年の夏以降がこういった状態でした。

 

では反対に、米国の金利が下がって日本の金利が上がったことにより、日米金利差が拡大した場合はどうでしょうか?

 

この場合は、日本の金融商品に投資した方が有利になりますから、ドルを円に換えて日本の金融商品を買おうと円買い・ドル売りが進みます。

 

このように、米国からどんどん日本にお金が入ってくるようになり、円高ドル安になっていくのです。

 

【スポンサーリンク】