トレンド追従型とオシレーター系/テクニカル分析は短期売買向け?

トレンド追従型とは?

トレンド追従型というのは、上昇トレンドなのか、
それとも下降トレンドなのか、
という為替のトレンドを調べるものです。

 

一般的にトレンド追従型は、
長期投資に向いていると言われています。

 

トレンド追従型の代表的なものとしては、
次のようなものがあります。

トレンド追従型の代表的なものは?

具体的に、トレンド追従型の代表的なものとしては、
次のようなものがあります。

■移動平均線
■ボリンジャーバンド
■一目均衡表
■エンベロープ...など

オシレーター系とは?

オシレーター系というのは、
為替の変動の度合いを調べるもので、
一般的には、短期投資に向いているといわれています。

 

オシレーター系の代表的なものとしては、
次のようなものがあります。

■RSI
■RCI
■モメンタム...など

 

スポンサーリンク

テクニカル分析とは?

テクニカル分析というのは、各チャートの動きから、
将来の価格がどのように動くかを予測するための
相場分析手法です。

 

例えば、過去のチャートはこう動いたから、
今後はこのように動いていくだろう、
その結果として現在の為替相場は上昇(下落)するだろう
というような感じです。

 

ただし、実際にはこのように簡単ではありません。
あくまでもわかりやすく説明するための例です。

 

もう少しわかりやすく言いますと、テクニカル分析というのは、
チャートの動きを読んで、売買のタイミングをはかるということです。

テクニカル分析は短期売買向けなの?

テクニカル分析と聞くと、短期的な売買を行うための手法
と考えられがちなのですよね。

 

でも、長期的な売買においても、
その役割は非常に大切なものとなるんですね。

 

長期的な売買を行う際に、為替相場が上昇トレンドのとき、
今後しっかりと上昇していくだろうというタイミングで
買いポジションを持つことができれば、
安心してスワップ金利を長期間受け取ることができるからです。

 

テクニカル分析を使うと、
「もう少し上がるだろう、もう少し下がるだろう」などという、
自分の思い込みによる売買を極力排除することができます。

 

なので、テクニカル分析は、
FX取引においては非常に重要であるといえます。

 

スポンサーリンク