外貨準備、投機、ボラタイル、GDP、経済成長率...

外貨準備とは?

外貨準備というのは、通貨当局が、
不足の事態に備えて準備しておく外貨のことをいいます。

 

日本や中国は貿易黒字国ということもあり、
特に外貨準備が高い国として知られています。

どのようなときに外貨準備は使用されるの?

具体的には、
次のような場面で外貨準備は使用されます。

■通貨危機などによって、外貨建て債務の返済が困難になった場合
■為替介入...など

外貨準備を保有しているところは?

日本で外貨準備を保有しているところは、
財務省(外国為替資金特別会計)と日本銀行です。

 

スポンサーリンク

外貨準備は公表されているの?

外貨準備の金額は、財務省の「外貨準備等の状況」
(月末残高、ドル建て)を通じて毎月公表されます。

投機とは?

投機というのは、
商品先物や通貨の買い、あるいは売りを行い、
その価格差から利益を得ようとすることをいいます。

ボラタイルとは?

ボラタイルというのは、価格が大きく変動しそうな、
あるいはしている状態の相場のことをいいます。

GDPとは?

GDPというのは、Gross Domestic Product の略で、
国内総生産のことをいいますが、
FXにおいては重要な要素の1つです。

 

一般的に、このGDPは、その国の経済力を示します。

 

また、GDPは、
国連が定めたマニュアルに従って作成されますので、
多くの国々との比較が可能です。

経済成長率とは?

経済成長率というのは、GDPの伸び率のことです。

 

FXでは、この経済成長率にも注目が集まります。

 

スポンサーリンク