ニュージーランド・ドルの特徴・値動き・買い材料...

ニュージーランド・ドルの特徴は?

ニュージーランド・ドルは、オーストラリア・ドルと
よく似た動きをすることが多い高金利通貨です。

 

これは、地理的にも
ニュージーランドとオーストラリアは最も近く、
最大の貿易国となっていることがその要因です。

ニュージーランド・ドルの値動きは?

ニュージーランド・ドルは、2000年秋には、
ユーロ安を背景にして、
NZD/円は43円までNZD安が進みました。

 

しかしながら、2001年秋以降、日本政府による
大規模な円売り介入が継続的に実施されると、
NZD/円は反転し、
2004年3月には、対円で76円まで上昇しました。

 

その後、2005年に入っても上昇トレンドは変わらず、
78円を突破しています。

ニュージーランド・ドルの買い材料は?

ニュージーランド・ドルの明るい材料としては、
次のようなことがあげられます。

■今後中国を中心にアジア市場への輸出を拡大するであろうということ。
■オーストラリアとの単一市場の構築を目指していること。

 

これらにより、ニュージーランドの貿易赤字と経常赤字が
縮小に向かっていけば、ニュージーランドの買い材料となります。

 

といっても、
ニュージーランドは、オーストラリア次第ともいえます。

ニュージーランド・ドルの懸念材料は?

ニュージーランド・ドルの最大の懸念材料としては、
同国の慢性的な貿易赤字と経常赤字があげられます。

 

財政破綻をする可能性は低いとされていますが、
将来的なニュージーランド・ドルの下落の要因となりそうです。

 

ちなみに、ニュージーランド政府の発行する債券の
およそ50%は外国人投資家が保有しています。

 

スポンサーリンク